データ匿名化

Home » サービス » データ匿名化

データ匿名化

このデジタル時代に、グローバル化された世界でビジネスを行うにあたり、最先端テクノロジーへの依存度がますます高まっています。膨大な量のデータ (多くの場合、機密情報や個人情報) が毎日生成されています。フィンテックやヘルスケア ベンダー (および Trusted Translations などの翻訳会社) は、デリケートな有料サービスを実行する上で、たいてい個人データを必要とします。個人データはマーケティング担当者が消費者の好みを把握する上での貴重な洞察となります。ですから、データ保護は、効果的なビジネス戦略において、ますます重要な要素になりつつあります。

ここでデータ匿名化の出番です。個々の識別子を削除または暗号化することで機密情報を保護します。デジタル メディア プラットフォーム間での、リスクのないデータ共有を実現することで、消費者にもっと興味を引く内容を提供することができるようになります。

データの匿名化とは?

機密情報や個人情報が会社のデータベース (ユーザー名と本名、電話番号、社会保障番号、電子メール、および住所を関連付けることが多い) に保存されている場合、常に漏洩のリスクが潜んでいます。最も安全と言われるソフトウェアであっても、予期しない抜け穴や悪意のあるバックドアを通じて、ハッカーに攻撃される可能性があります。

ただし、匿名化プロセスを介してこの情報を扱えば、ソースが特定されるのを避けられます。ヨーロッパの一般データ保護規則 (GDPR) のように、新しいデータ保護規則が世界中で施行されており、個人の同意を必要とせずに企業が匿名化されたデータを収集できるようになっています。必要なのは、データ識別子を取り除くことだけです。最近の法律の中には、ブラジルの LGPD と南アフリカの POPI が含まれており、米国の一部の州でも同様の法律が制定されています。

データ匿名化技術

データを匿名化する方法がいくつかあります。意図された目的や、その情報を使用するシステムにもよりますが、現代の匿名化技術をご紹介します:

  • 仮名化:完全なデータの整合性と正確性を維持しながら、プライベート識別子を仮名に置き換えます (たとえば、ミラーが出てくると、毎回それをベーカー、クーパー、ポーター、スミスにランダムに置き換えるなど)。これは、テストやトレーニングを目的とする場合、理想的なソリューションです。
  • 一般化:詳細 (アパート番号や町など) を変更することで識別可能性を低下させますが、意図した目的を果たすのに必要な情報の正確性は、十分に備えたままです。
  • データのスクランブリング:属性内の数字または文字を不可逆的にシャッフルするという、広く使用されている手法です。データを元の記録と照合することはできません。
  • データマスキング:リバースエンジニアリングには適していませんが、文字や単語の置換、暗号化、シャッフルなど、複製されたデータベースで、変更技術を使用できる場合に、値を変更してデータを隠します。
  • データのぼかし:この近似手法は、識別可能性を最小限に抑えられるよう、十分なだけ値を変更しますが、個人が匿名性を確保できる程度にしか、情報の正確性を減らしません。
  • データ スワップ:データセット内の属性値 (名前、生年月日) を変更して、元のレコードと一致しないようにし、より効果的なデータベースの匿名化を保証します。
  • データ暗号化:おそらく最も効果的なデータ匿名化技術であり、個人情報をパスワードで保護された判読不能なコード形式に変換し、承認されたユーザーのみが元の形式で取得できるようにします。
ご存じでしたか?
当社は、1973 年米国労働力リハビリテーション法第 508 条を遵守しています。
ご存じでしたか?
Trusted Translationsでは、ユーザー全員が平等なアクセシビリティを得ることを信条としています。
ご存じでしたか?
ドキュメントがすべての WCAG Web アクセシビリティ基準を満たしているかを確かめます。
ご存じでしたか?
アクセスしやすいウェブサイトを作成することで、できるだけ多くの人にリーチできます。
ご存じでしたか?

データ匿名化の長所と短所

利点:データ セキュリティ法を遵守することで、消費者は自分の個人情報を企業と共有することに関して、より安心感を持つことができます。きちんとしたデータ管理原則 (業界や国によって明確に異なります) に従うことで、企業は、評判が傷ついたり、利益率を縮小させかねない否定的な評価が見出しに出るのをを避けることができます。

欠点:個人識別子なしでデータが収集されると、そのマーケティング価値は急落します。顧客の好みについて意味のある洞察を提供することがあまりできなくなるため、パーソナライズされたコミュニケーションに制約が出ます。匿名化されたデータであれば、ハッカーによる外部からの壊滅的なデータ侵害を防ぐことができ、簡単に社内にいる犯人を特定することができます。これは、許可を受けたスタッフのみが、タイムログ付きの安全なログインとパスワードを使用して機密データにアクセスできるためです。

翻訳のためのデータ匿名化

Trusted Translations では、多くの業務で非常に機密性の高い情報 (個人情報、財務情報、健康関連など) を処理する必要があります。そのため、Trusted Translations の文書管理サービスにはデータの匿名化が含まれており、すべてのお客様にコンプライアンスと安心を保証しています。