電話予約をする
Dropdown

翻訳メモリ

Trusted Translationsは、翻訳メモリツールや翻訳メモリサーバーの使用など、最先端の翻訳テクノロジーを最大限活用することを目指しています。翻訳メモリを使用して、品質を向上させ、コストを削減し、お客様の翻訳プロセス全体を迅速化します。

Home » サービス » 人間翻訳 » 品質 » 翻訳メモリ

簡単に言えば、翻訳メモリは、以前に翻訳されたフレーズまたはセグメントのデータベースであり、新しいテキストの翻訳に利用できます。たとえば、以前に翻訳されたフレーズが新しい翻訳プロジェクトで検出された場合、翻訳者は、翻訳メモリに保存されている以前に翻訳され、承認されたセグメントを「再利用」できます。特定の翻訳メモリの量が増えれば、後続のプロジェクトをより迅速かつ低コストで完了することができます。

翻訳メモリの利点

全体として、翻訳メモリ システムを活用すると、翻訳プロセス全体がより簡単になり、費用対効果が高くなり、一貫性も高まります。

たとえば、ソフトウェア ドキュメントの一部を更新する場合、翻訳者は以前のリリースですでに翻訳されたコンテンツにアクセスできるため、新しい資料に集中できます。また、翻訳メモリは、特に専門用語集や用語ベースと併用することで、すべてのプロジェクトにおける用語の使い方の一貫性を保つことができます。最後に、「一から」行う必要のある翻訳の量を減らすことで、プロジェクトを予算内に収めることができます。

翻訳メモリサーバー

翻訳メモリが機能する仕組みとは?別のサーバー (「翻訳メモリサーバー」) に保存することができ、翻訳者は作成中のメモリにリアルタイムでアクセスできます。

翻訳メモリと翻訳メモリサーバーは、適切に管理されていれば貴重な資産となります。専門的な管理とは、翻訳メモリを最新の状態に保ち、さまざまな理由で発生する可能性のある「汚染」を回避することを意味します。たとえば、複数の分散した翻訳サプライヤーでコンテンツを作成すると、翻訳メモリ内で矛盾が生じることがあります。さらに一般的には、常に変化する企業用語が翻訳メモリに更新されていない場合があります。新しく更新されたフレーズが翻訳メモリに反映されておらず、エラーが発生する場合があります。

翻訳メモリを「汚染されていない」状態にするには、翻訳メモリを慎重に管理する専門知識を持つフルサービスの翻訳会社と提携するのが得策です。このようにして、すべての問題を特定して解決できます。新しい翻訳は「良い」以前の翻訳に基づいており、翻訳ミスを何度も繰り返すことはありません。

ご存じでしたか?
弊社は、あらゆる形式、規模、言語のすべての種類のドキュメントを対象に翻訳サービスを行っています
ご存じでしたか?
弊社では、吹き替えや字幕付けなど、制作後に発生する各種サービスもご提供いたします
ご存じでしたか?
Trusted Translationsは、プロフェッショナルなスペイン語翻訳サービスのグローバル リーダーです
ご存じでしたか?
弊社は、高品質のサービスを、より安価な料金、より短い納期で、ご提供いたします
ご存じでしたか?
ご存じでしたか?

翻訳メモリの使用

Trusted Translationsは、常に革新を続けています。新しい翻訳メモリ ソリューションと連携して、翻訳コストを削減し、タイムラインをスピードアップしながら、品質と一貫性を向上させる最先端のテクノロジーをお客様が活用できるようにします。

翻訳メモリの可能性を最大限に引き出すには、翻訳メモリがどのように機能し、通常どのような状況で使用されるかを理解することが重要です。

翻訳メモリと翻訳メモリサーバーへのアクセスは、中規模から大規模の翻訳プロジェクトのほとんど(主に、使用可能な電子形式に含まれるコンテンツを扱うプロジェクト)に付加価値をもたらします。コンテンツは通常、Word、Excel、InDesign、XMLなどの標準形式のいずれかを使用しています。認識可能で使用可能な形式のコンテンツがあれば、翻訳者は、スタンドアロンまたはウェブベースのアプリケーションのいずれであっても、翻訳環境内でコンテンツを開くことができます。

逆に、鮮明ではないスキャンされた文書、ファックス、写真で撮った文書の場合、たいていの翻訳メモリソフトウェアプログラムでは、翻訳メモリを活用するのに十分な読み取りを行えないため、不向きとなります。

翻訳メモリがプロジェクトに適しているかどうかの判断にお困りの場合は?このテクノロジーをすぐに理解することは難しく、さらなる説明やデモが必要な場合もあることを弊社は把握しています。Trusted Translationsには、トレーニングを受けた翻訳メモリの専門家が常駐しており、このテクノロジーをいつ、どのように活用するのが最適かをお客様とその組織にご説明いたします。