電話予約をする

Home » サービス » ビデオリモート通訳(VRI)

ビデオリモート通訳(VRI)

ビデオリモート通訳は、通訳者がコール センターまたは自宅から直接リアルタイムサービスをリモートでできるようになった技術的ブレークスルーにより、一般的なモダリティになりました。ただし、実際に行うには、ヘッドセットとビデオカメラなどの特別な機器を使用し、最先端のスタジオを構築する必要はないにしろ、比較的プライベートで静かなスペースで作業を実行する必要があります。
初期のVRIの条件は、手話通訳(アメリカで最も人気のあるASLなど)の支援に関連していました。聴覚障害者が同じ場所にいる他の人と、またはビデオ会議を介してリモートでコミュニケーションできるようにするためです。

早送りで今日へ

しかし、ビデオリモート通訳サービスは、全世界が封鎖された COVID-19 パンデミックの初期の段階で急激な成長を遂げ、突然、通信によってリモートで仕事をする差し迫った必要性が生じました。

既存の会議ブリッジの以前の役割は、さらに多機能になった高機能のプラットフォームの使用に迅速に置き換えられました。いわゆる「ニューノーマル」に適応するのに苦労したチームの生産性を維持するためです。

これは、初期の限られた概念が、さらに幅広い概念に急速に置き換えられたときのことで、そこには通訳者も含まれていて、どんな言語の組み合わせでもリモートで仕事をすることができ、(ウェビナーのように)ビデオカメラで見る必要がない場合もあります。

リモートで行う場合、同時通訳?それとも逐次通訳?

手話通訳サービス(ASL VRI など)を行うために既に普及している VRI の使用に加えて、他の言語の組み合わせにサービスを行う 2 つの主なオプションが、リモートモードで実行できるようになりました。

「ニューノーマル」または「ネクストノーマル」での使用とは別に、RSIはまったく新しい始まりを告げました。リモート同時通訳は、教育機関(ウェビナーを行い、完全なプログラムをリモートで行う)だけでなく、世界中のあらゆるレベルの従業員にシームレスなオンボーディングと継続的なトレーニングをしっかりやりたいあらゆる業種の企業にとってトレンディになっています。

また、逐次リモート通訳もここに定着しており、ヒアリングや証言録取、インタビュー、ディスカッショングループなど、さまざまな種類のニーズをカバーするのに役立つことが明らかに。

ビデオは必須ですか?

パンデミックに後押しされて、リモートコミュニケーションのさまざまな心理社会学的側面について多くの意見を目にするようになりました。通常、VRI が最も適したタイプのサービスであるとだけ言っておきましょう。

手話サービスとの関連性はさておき、ビデオによるコミュニケーションがプロセスを容易にすることは明らかになっています。現場の通訳者は、通訳中に相手を見ることができることの重要性を常に強調しており、同じことがリモート通訳でも言えます。ボディーランゲージ、口調、通訳仕事を通して感じられる全体的な雰囲気はすべて、優れた品質を達成し、参加者に必要な共感を生み出す上で重要な役割を果たします。

技術と設備

VRI を実施するために使用できるプラットフォームには広い範囲があります。ユーザーを資格のある通訳者に接続する、安全で暗号化されたネットワークに基づく独自の開発があります。

また、新しい機能を刻々と開発している既製のソリューションもあり、市場での激しい競争がイノベーションを促進しています。Zoom 、Teams、Google Meet、Cisco WebEx、GoToMeeting などのプラットフォームは、さまざまな価格帯で多くの選択肢を用意しています。

通訳者は、良好なブロードバンドインターネット接続、静かな環境、適切で快適なヘッドセットを使用して仕事を遂行することについて考える必要があります。より高度な機器には、サービスの実施を緊密に調整する必要がある場合に備えて、通訳チームの他のメンバーと通信するためのデバイスが含まれています。

「利便性」は、従来のマーケティングミックス内の「場所」を表す「P」に取って代わりました。また、緊急時には、パソコン、タブレット、さらにはスマートフォンでも便利に利用できます。

ご存じでしたか?
Video remote interpretation can cut interpretation costs by over half.
ご存じでしたか?
About 75% of U.S. hospitals now use telehealth and telemedicine options.
ご存じでしたか?
Video remote interpretation enables 24/7 support for clients.
ご存じでしたか?
Trusted Translations is a partner of Massachusetts General Hospital.
ご存じでしたか?
ご存じでしたか?

アクセスしやすく、リスクが少ない

いずれにせよ、技術的なニーズは、この種のサービスを実行するために必要だった古い、より洗練されたインフラストラクチャとはかけ離れています。これは確かにコスト削減に影響を与え、日々アクセスしやすくなっています。

これは、機材の面だけでなく、交通費、駐車場代、食事代、通勤費などのすべての余分な費用を削減し、通訳者の仕事をより効率的にします。

COVID-19により、ソーシャルディスタンスが意識されるようになりました。私たちが気付かないうちに、VRI はコンセプトが流行する前にソーシャルディスタンスを可能にしました。オンサイト通訳者が入ることのメリットはそのままに、生産性が上がって、公衆衛生の懸念が解消されます。

オンデマンドの可用性

通訳者の従来の予約はまだより定期的に使用されていますが、オンデマンド VRI の可能性は、さらなる柔軟性と利点をもたらします。これは、クライアントが通訳者の緊急のニーズに数分以内に対応できることを意味します。カレンダーマネージャーが誰かを探すのを待つ必要はなく、避けられない通勤のリード タイムに直面する必要も、ノーショーによってもたらされる潜在的なフラストレーションに直面する必要もありません。

しかし、柔軟性は、通訳者が常に 1 つの割り当てから別の割り当てにジャンプする可能性があると誤解する必要はありません。通訳者は、休憩を取ったり、次の仕事の準備をしたり、「ジムセッション」に参加したり、質疑応答が長引いたりするために 1 時間を過ぎても滞在する必要がある場合があります。これが、このサービスが伝統的に最低 2 時間、または半日または 1 日で見積もられる理由です。

最も厳格な業種への準拠

法務とヘルスケアは、VRI の実施が難しい分野のように聞こえるかもしれません。ただしまったく逆に、セキュリティおよびプライバシー ポリシーに完全に準拠することは依然として可能です。たとえば、ヘルスケアのコンテキストで使用される通訳者は、現場で仕事をしている場合と同じように、HIPAA 基準を順守します。法務通訳者は、現場での任務と同様に、裁判所の認定を受けることができます。VRI はバーティカルフレンドリーであることを保証します。