他の言語でのブログ

Blog de traducción
Blog di traduzione
Blog de traduction
Übersetzungsblog
Blog de tradução
Vertaal Blog
翻訳ブログ
Блог на тему перевода
翻译博客
مدونة الترجمة
번역 블로그

ベンガル語がブームに?

貿易における共通語として使われてきた初期の時代から現在に至るまで、ベンガル語は南インドの文化的および経済的な発展において主導的な役割を果たしてきた。約2億人にものぼるベンガル語話者が形成してきた市場は巨大であり、先見の明のある企業が、プロのベンガル語翻訳者のサービスを受けながら開拓したいと考えるデスティネーションである。

1,000 年以上の歴史を持つベンガル語(先住民にとってはバングラ語)はバングラデシュの公用語である。世界で最も広く話されている言語の7 位にランクされており、インド、パキスタン、ネパールの一部の地域でも話されている。

数千年の歴史をもつベンガル文化

インド・アーリア語族であるベンガル語は、サンスクリット語とプラクリット語の2つの古代言語に由来する言語である。これら3つの言語は左から右に書かれる。

ベンガル語文学は12 世紀に出現し始め、仏教の神秘的な詩集である チャリアパダ(Charyapada) などの作品が生まれた。その後何世紀にもわたり、ベンガル人の作家はイスラム王朝の庇護のもと繁栄した。

イギリス領インド帝国はベンガルとその文化に多大な影響を与えた。1837年以来イギリス領インドの公用語であったベンガル語は、インド・パキスタン分離独立(1947年)後はパキスタンの公用語の1つになった。

豊かな文学と文化を形成するベンガル語は、多くの偉大な詩人や作家によって表現手段として選ばれている。しかし、ベンガルルネッサンスによって文学的および文化的現象としてベンガル語が復活したのは 19 世紀になってからである。1800年代後半から第二次世界大戦前夜まで、英国統治下のベンガル地方では、知的、芸術的、文化的、社会的な取り組みが数多く盛んに行われていた。

1971年にバングラデシュがパキスタンからの独立を宣言し、ベンガル語が再び独立国家の公用語になった。ベンガル語はインドの22の公用語の1 つでもある。

母国語の殉難者

1952年、パキスタンの唯一の公用語がウルドゥー語であることに抗議したことで、数人が殺害された。この歴史の1ページは現在、バングラデシュでは殉難者の日 ( Shaheed Dibosh ) として偲ばれており、犠牲者の捜索は今も活発に続けられている。

半世紀後、ユネスコは世界で唯一の言語の殉難者を讃え、2月21日を国際母語デーと宣言した。この賛辞は、多言語主義を促進し、文化および言語の多様性に対する意識を高めることを目的としている。

南インドにおける経済大国

バングラデシュ経済は南アジアの主要市場の一つであり、ベンガル語は貿易とビジネスにとって重要な言語となっている。ベンガル語を話す市場は、その未開拓の可能性を探求したいと考えている企業にとってグローバルな市場である。

バングラ語話者のディアスポラには、海外に住む 1,300 万人以上のバングラデシュ人が含まれると推定されている。推定 200 万人のベンガル人がインドのIT業界で働いている一方、バングラデシュからの大規模な流出者はサウジアラビアや他のペルシャ湾岸諸国に定住している。英国にはヨーロッパ最大のバングラデシュ人コミュニティがあり、米国、南アフリカ、カナダ、オーストラリアにも大きなコミュニティが形成されている。

結論:歴史的に、バングラデシュとベンガル語は常にパキスタンとインドの間に戦略的に位置する交差であった。ゴールドマン・サックスが期待する新興市場、ネクスト11にランクされており、新たな境地を開拓したいと願う企業にとって魅力的な市場である。これが、Trusted Translations のような経験豊富な言語プロのサービスを求めることが重要である理由である。

写真:Kelly(pexels.com)