Trusted Translationsのブログ

検索する

他の言語でのブログ

ソーシャル

ロゼッタストーンの起源

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ロゼッタストーン」というフレーズを耳にしたほとんどの米国人は、おそらく有名な言語学習ソフトウェアを想像するでしょう。ソフトウェアプログラムであるロゼッタストーンは、1799年に発見された重要な石片に刻まれた文字にちなんで名付けられました。この発見により、数世紀もの間、意味がわからなかったエジプトの象形文字を解読できるようになりました。この発見はナポレオンと仏軍の功績です。彼らがエジプトに遠征しなければ、ロゼッタストーンを発見することはなかったでしょうし、その重要な手がかりによって、古代エジプトに関する膨大な量の情報を手にすることはなかった。ストーンは、古代エジプトの遺跡を飾った、古代の多くの謎を解明してくれる、奇妙な絵や記号が何を意味しているのかを解読するための鍵を現代人に与えました。この発見はとある事実に光を当てました…世界で最も素晴らしい成功は、戦争のような最も忌まわしい時代に起きるのです。ナポレオンは、アジア方面への遠征路を確保できなかったけれども、過去を知る道を開くことに成功したのです。

ロゼッタストーンの歴史と起源

ストーンは、ジュリエンとりで、ロゼッタの街の近くにあるナイルのデルタにあるとりでで発見され、後の方にちなんで名づけられました。1799年の8月、シリアとアクレでの壊滅的な敗北の後で、彼の将軍のうちの1人の命令により、ナポレオンは彼の軍隊を捨ててフランスへ海路で戻ってきました。不運な撤退という出来事が意味したのは、仏軍でも手ぶらで帰国することがあるということでした。実はこのとき、遺物を紛失していたのです。それは、後に歴史上最も重要な考古学的発見のひとつとされるものでした。

ロゼッタストーン

ロゼッタストーンの発見には、多くの人が関わっていますが、最も大きな功績があるのは、ナポレオン軍のフランス人将校ブシャール(Pierre François Xavier Bouchard)です。1799年7月、ブシャールは発見がなされた際、ジュリアンとりでの守りの再工事の監督でした。発見したものの価値が理解できなかった人が大半でしょうし、ごみだと言ってストーンを捨てることを考えたかもしれません。しかし幸運なことに、ブシャールは石片の価値に気づいたのです。意味がわからなかったとしても、その一部にはギリシア語が書かれていましたが、象形文字は翻訳することができるかもしれないと彼は考えました。2年後、ストーンは英国に押収され、ロンドンに運ばれて、古代エジプトの秘密を解明しようとしましたが、文字が解読されたのはその20年後でした。

ロゼッタストーンの概要

ストーンがロンドンに到着し、世界でも最も優秀な研究者が象形文字の意味を解読しようとそれらを手に取りました。ストーンには3つの文章が刻まれていました:時の洗礼によってその全体または部分の意味が不明になってしまった、エジプトのデモティック文字とエジプトの象形文字、研究者が読み、翻訳することができるギリシャ語でした。不幸なことに、古代エジプト文字を解読するのは、当初考えたほど簡単なことではありませんでした。こうした象形文字で広く見られるギリシア語のいくつかの要素はわかっていませんでした。ストーンは、フランスの言語学者ジャンフランソワシャンポリオンによって、それまで多くの研究者が見落としていた、象形文字は音だけでなく言葉も表していることを確認する1822年9月17日まで、解読も解明もされていませんでした。表音文字に対する彼の新しい解釈によって、彼は無数の掘られた文字と文章の秘密を解明するためロゼッタストーンのエジプトの文章をやっと翻訳できました。

ロゼッタストーンの言語学における重要性

1822年にロゼッタストーンが解読されるまで、エジプトのあちこち、ピラミッドや壁に飾られている興味深い絵や記号の意味はほとんど理解されていませんでした。古代エジプトの文化的豊穣さや歴史の謎を数多く残すこうした記号が何を意味しているのか、エジプト人ですら理解できなかった。象形文字を解読できるようになって、言語学者と研究者は他の古代エジプトの文章を解釈できるようになったのです。このことが契機となって、全世界に古代エジプトの謎が数多く明らかにされました。いまの私たちが知っている古代エジプトは、ロゼッタストーンの発見によるところが大きいのです。ロゼッタストーンは、紀元前196年にさかのぼるプトレマイオス5世の王室を崇拝するプトレマイオス朝令であるとわかりました。

ロゼッタストーンの解読に関する気になる事実

シャンポリオンは言語学における若き天才でした。デモティック文字の解読について最初の論文を書いて発表し、ティーンエイジャーの時点で古代の言語をいくつか既に習得していました。
ロゼッタストーンが発見されるずっと前に17世紀のドイツのイエズス会の研究者、アタナシウスキルヒャーは古代エジプトの象形文字の翻訳をすでに出版していました。しかし、全部ではないにしろこの翻訳は完全な誤訳だと判明しました。
当社の翻訳者は、古代エジプトの文章を解読する訓練を受けていないかもしれません。しかし、現代の言語に関して言えば、当社の翻訳者は貴社の言語的かつ商業的な目標の達成に役立つよう、コミュニケーションの障壁を乗り越えることができます。
ロゼッタストーンの発見は、遠い昔に意味が理解できなくなった書き文字の解読と翻訳を通じた言語学において大規模かつ画期的な事件となりました。