YAML 翻訳サービス

YAML は、柔軟で人間が読めるデータ シリアル化形式であり、データの交換や設定に加えて、データを階層的に構造化するために広く使用されています。Trusted Translations の経験豊富な言語サービス プロバイダーは、特にシステム間でデータを交換する際に、その構文のシンプルさと複雑なデータ構造に対する確実なサポートを高く評価しています。現在、YAML はデータ処理、自動化、ソフトウェア開発の幅広いアプリケーションで広く利用されています。

YAML ファイルを翻訳する理由

YAML ファイルには、言語固有の文字列が頻繁に保存されます。これらの文字列を翻訳すると、一貫した設定とコンテンツに世界中のオーディエンスがアクセスできるようになるため、ユーザー エクスペリエンスが向上します。その他の UI 要素 (エラー メッセージ、メタ説明、プロンプト、メニュー、ラベル、手順など) は、ユーザーが選択した表示言語に翻訳されます。
YAML は 2001 年に Yet Another Markup Language として開始され、頭字語は保持されたものの、データ指向の目的を強調して、すぐに YAML Ain’t Markup Language に名前が変更されました。YAML は XML と同じ多くのアプリケーションを対象としていますが、その簡潔な構文ではネストに Python タイプのインデントを使用し、ほとんどの文字列値に引用符を必要としません。
タブまたはスペースによるインデントはデータ構造と階層を示しますが、YAML ファイルはキーと値のペアでデータを表します。箇条書きと同様に、リストは各項目の前にハイフンで示され、ハッシュ記号はメモに使用されます。
一部のアプリやコンテンツ管理システムでは、コンテンツ、メタデータ、構造が YAML ファイルで定義されることがよくあります。UI 文字列と設定が、十分な能力のある専門家 (Trusted Translations ローカライゼーション チームなど) によって専門的に翻訳された文字列に保存されると、多言語コンテンツをより効果的に管理できるようになります。これにより、各バージョンが適切に構成され、スムーズに機能し、世界中のオーディエンスにリーチするユーザーフレンドリーな表示が実現されます。

ご存じでしたか?
あるゲーム開発者は、YAML 設定をローカライズすることでプレーヤーのエクスペリエンスを向上させました。
ご存じでしたか?
YAML 構成をローカライズすることで、あるアプリのダウンロード数が増加しました。
ご存じでしたか?
Trusted Translations は、あるソフトウェア会社が YAML ファイルをローカライズすることでユーザー満足度を向上するサポートをしました。
ご存じでしたか?
ご存じでしたか?
ご存じでしたか?

YAML ファイルを翻訳する利点

国際化を追求する開発環境におけるユーザーフレンドリーな構成管理ツールである YAML を翻訳することで、設定と構成手順を複数の言語間で一貫性を保ちながら、多言語チームの共同作業を効率化できます。これにより、現地の規制に準拠し、法的問題を回避することもできます。
YAML ファイルは複数の言語をサポートすることで、特にウェブサイトやアプリの元の言語が広く使用されていない国において、世界中のオーディエンスにとって使いやすいゲートウェイを提供します。ネイティブ言語の翻訳者で構成される Trusted Translations のスタッフは、YAML ファイルをローカライズすることで、消費者が外国のアプリやウェブサイトをより快適に操作できるようにサポートを行います。結果: コンテンツを母国語で提示すると、エンゲージメントが高まり、コンバージョン率と満足度が向上します。