JSON ファイル翻訳サービス

オープン スタンダード JSON データ形式 (.json) を使用するファイルは、さまざまな種類のテクノロジ間でのデータ交換に使用されます。Trusted Translations の専門の翻訳者にとっては、翻訳が JSON ファイルに保存されると、多言語プロジェクトの管理がはるかに簡単になります。最も一般的な用途は、適切なアクセス許可が与えられた後で、Web アプリケーションまたはウェブサイト サーバー上でデータをローカライズおよび表示することです。

JSON ファイルの翻訳

現在、多くの種類のプロジェクトで翻訳を共有するために最も広く使用されている形式の 1 つである JSON 形式は、ゲームのローカライゼーション、Web ベース アプリ、モバイル アプリに特に適しています。その多くの利点の 1 つは、開発者の間では広く知られており、技術に詳しくないユーザーでも読みやすいという点です。Microsoft Visual Studio Code や GitHub Atom に加えて、Windows メモ帳などの比較的単純なプログラムでも開くことができます。

JSON ファイルの特徴

簡単な翻訳管理オプションである JSON ファイルは、Trusted Translations チームのような専門の翻訳者によってローカライズされたプロジェクトを管理するさまざまな方法を提供します。これにより、言語サービス プロバイダーは、各クライアントの要件に合わせて調整された正確なテキストを迅速に配信できる、合理化されたワークフロー構造を選択できるようになります。
JSON ファイルには、単一言語と複数言語の 2 つの主な種類があります。各言語が個別に保存されている場合、単一言語の JSON ファイルには、開発者が設定したローカライズされたメッセージと翻訳キーのセットとともに、1 つの言語のみの翻訳が含まれます。
対照的に、多言語 JSON ファイルには、プロジェクトで計画されているすべての言語の翻訳が含まれます。シンプルなキーと値の構造には、ソース言語がキーとして含まれ、その翻訳が値として含まれています。これらのデータは、コンマで区切られたキーと値のペアと、角括弧で囲まれた配列、中括弧で囲まれたオブジェクトとして保存されるため、迅速な取得が保証されます。

ご存じでしたか?
あるスタートアップ企業は、JSON 翻訳によって Web アプリの使いやすさを世界的に向上させました。
ご存じでしたか?
Trusted Translations は、ある企業による電子商取引プラットフォームの国際的な展開をサポートしました。
ご存じでしたか?
ある開発者は、アプリをローカライズした後、肯定的な反応を受け取りました。
ご存じでしたか?
ご存じでしたか?
ご存じでしたか?

JSON ファイルの翻訳

ただし、この形式には、翻訳者にとって課題となる可能性のある制約がいくつかあります。たとえば、キーは二重引用符で囲まれた文字列である必要があり、値は有効な JSON データ型である必要があります。もともと JavaScript オブジェクト表記構文から派生したものですが、大幅に拡張され、現在ではさまざまな言語が JSON データと互換性を持つようになりました。
商業の世界では、現在、非常に多くのコンピュータ プログラムやモバイル アプリが JSON ファイルを使用しているため、JSON ファイルはほぼ普遍的な形式になっています。開発者は JSON を使用してソフトウェア開発をサポートしているため、JSON ファイルは翻訳しにくい場合があります。そのため、Trusted Translations の翻訳者は、この形式での作業について十分なトレーニングを受けており、国際的なお客様が自社の多言語ウェブサイトの画面上の表示に自信を持っていただけるようにしています。