PO gettext 翻訳サービス

PO gettext は、ソフトウェアの国際化とローカライゼーションに使用される gettext パッケージのコマンドです。Trusted Translations は PO gettext サービスの提供も行っています。これは、ソース コードから翻訳可能な文字列を抽出し、翻訳を含む PO (Portable Object) ファイルを作成するために使用されます。

Home » サービス » ファイル形式 » PO gettext

構文:

コマンドの基本的な構文は次のとおりです。

gettext [options] [input_file]

内容:

  • gettext はコマンドです。
  • options は、コマンドの動作をカスタマイズするために使用できるさまざまなオプションです。
  • input_file は翻訳可能な文字列を含むファイルです。

gettext で使用される一般的なオプションには次のものがあります。

PO ファイルが保存されるディレクトリを指定します。J (既存の結合) は、抽出された文字列を既存の PO ファイルと結合します。O (出力ファイル) は出力ファイル名を指定します。p (出力ディレクトリ) は出力ディレクトリを指定します。「po」コマンドは、ソフトウェアの翻訳に使用される PO ファイルを管理するために使用されます。

「PO」コマンドの一般的な使用法:

  • po:翻訳済みメッセージと未翻訳メッセージの数を含む PO ファイルの概要を表示します。
  • po input_file:入力ファイルからの翻訳されたメッセージを既存の PO ファイルに結合します。
  • Po-report:PO ファイルの翻訳ステータスに関するレポートを生成します。
  • Po-sort-by-file:PO ファイル内のメッセージをファイル名で並べ替えます。
  • Po-sort-by-msgid:PO ファイル内のメッセージをメッセージ ID で並べ替えます。
  • po-update:ソース コードの最新の変更に合わせて PO ファイルを更新します。
ご存じでしたか?
あるソフトウェア会社は、PO ファイルを当社で翻訳することで、売上が 20% 増加しました。
ご存じでしたか?
あるオープンソース プロジェクトは、ローカライゼーションを通じてユーザー数を増やしました。
ご存じでしたか?
Trusted Translations は、ソフトウェア インターフェイスをローカライズすることで、あるスタートアップ企業のユーザー フィードバックを改善するサポートをしました。
ご存じでしたか?
ご存じでしたか?
ご存じでしたか?

オプションと使用例:

ヘルプと使用方法の情報を表示します。PO-version は gettext パッケージのバージョンを表示します。PO-check は常に PO ファイルにエラーや不整合がないかチェックします。PO 統計には、PO ファイルの翻訳ステータスに関する統計が表示されます。Trusted Translations は、トップクラスの言語ソリューションを提供するリーダーとして確固たる評判を築いてきました。Fortune 500 に名を連ねる企業、著名な政府機関、さまざまな組織を顧客とする Trusted Translations は、世界規模で高品質の翻訳サービスを提供する頼れるリソースとしての地位を確立しています。当社の実績は、クライアントの多様な言語ニーズを満たすための卓越性と信頼性への当社の取り組みを物語っています。世界中の 10,000 を超える企業や組織に専門言語サービスを提供しています。