スキャンされたドキュメントの翻訳

編集可能なドキュメントを操作するのは便利ですが、私たちの生活に最も重要な情報の多くはスキャンされたドキュメントに含まれています。新しい仕事を始めるとき、留学プログラムに登録するとき、賃貸契約を結ぶときなど、毎日送受信される膨大な量の PDF や画像を考えれば、スキャンした文書の翻訳の需要が高い理由が理解できるでしょう。重要な情報を別の言語で提出する必要がある場合は、個人的および法的に重要なドキュメントを慎重に翻訳する必要があります。

Accueil » サービス » ファイル形式 » スキャンされたドキュメント

スキャンした文書の翻訳

どのような種類のスキャンされたドキュメントを翻訳する必要がありますか?

しばしば翻訳が必要となるドキュメントの種類には次のようなものがあります:

  • 出生証明書、死亡証明書、結婚証明書
  • 帰化証明書、養子縁組書類、市民権書類
  • 成績証明書や卒業証書などの教育関連ドキュメント
  • 予防接種カードまたは小冊子およびその他の健康記録
  • 運転免許証または州身分証明書の写真
  • パスポートと社会保障/グリーンカード
  • 証書、住宅ローン、保険のドキュメント
  • 遺言書と遺言書
  • 特許出願、契約、税務書類

スキャンされたドキュメントの翻訳において何に注意すればよいですか?

スキャンされたドキュメントの処理を依頼する際、信頼できる翻訳会社を探すにあたって次の要素が重要です。

  • 技術的な専門知識:このタイプの形式を翻訳するには、最新のテクノロジー、特に元の PDF ファイルやスキャンされたその他のドキュメントのテキストを読み取るのに役立つ OCR (光学式文字認識) に精通している必要があります。翻訳者は、元のドキュメントのレイアウトと植字を再作成できなければなりません。
  • ファイルタイプの管理:スキャンされたドキュメントのほとんどは PDF ですが、すべてではありません。翻訳会社は、複数のファイル形式に精通しており、ファイルの保管と転送を実行できる必要があります。
  • プライバシー:お客様の個人情報の機密性が高く、なりすましの脅威を考慮すると、ドキュメントを誰にでも預けるべきではありません。国際貿易や行政関連の翻訳など、機密性の高い分野に経験のある翻訳会社が、データのセキュリティを保証します。
  • 人間翻訳:ウェブには、瞬く間に PDF を翻訳できるアプリ、ソフトウェア、AI ツールが溢れていますが、特に元のドキュメントが汚れていたり水に濡れていた場合、スキャンされたドキュメントの翻訳には文字の誤認識や単語のスペルミスなどのエラーがしばしば混在しています。法的に重要性のあるドキュメントはすべて、熟練の人間の翻訳者の確認なしに、機械翻訳にかけるのはあまりにも危険です。
ご存じでしたか?
最初の PDF は 1993 年 1 月に Adobe によって導入されました。
ご存じでしたか?
PDF は「Portable Document Format」の略です。
ご存じでしたか?
毎年 2 兆 5,000 億を超える PDF ドキュメントが作成されます。
ご存じでしたか?
米国には公証翻訳者がいませんが、多くの場合公証が必要です。
ご存じでしたか?
2023 年には 2,400 万件を超える米国パスポートが発行されました。
ご存じでしたか?

ドキュメントの認証が必要ですか?

最も重要なことは、特に英語圏外では、スキャンされた公的なドキュメントには公証翻訳者または翻訳会社による認証が必要になることがよくあります。このような翻訳者の政府による基準は国によって異なり、非常に厳しい場合があります。たとえば、スペイン、メキシコ、フランス、イタリアなどの国では、公証翻訳者は公的機関によって、場合によっては厳しい国家試験によって精査された選ばれた少数の人間です。Trusted Translations では、スキャンされたドキュメントの翻訳自体のサービスに加えて、証明書も提供できます。